栗原正明建築設計室 集合住宅 作品集

上ノ原ハウス
Uenohara house

※マウスカーソルを画像の上に持って来ると一時停止します。

↑クリックで拡大

竣工 2001年9月
所在地 横浜市緑区
構造 木造
階数 地上2階
敷地面積 175.70㎡(53.16坪)
建築面積 69.81㎡(21.12坪)
延床面積 137.64㎡(41.65坪)
最高高さ 6.530m
協力 柳沢潤(共同設計)、小林聡構造設計事務所(構造)
吉田誠(撮影)
施工 河鰭工務店
掲載誌 新鋭建築家50人の住宅ファイル(えい出版社)
フォレント2004年3月3日号(リクルート)

設計上の工夫

ほぼ同じ面積をもつ3戸の住戸からなる賃貸集合住宅です。
室内空間のプロポーション(縦横の比率)を変えることで、各住戸に特徴を持たせています。
また入口が面する南側の隣地が高いという敷地の条件を考慮して、
生活の主な場所を2階に設定し、南側にはFRP(ガラス繊維強化プラスティック)製のルーバーを設けて日射と視線を調整しています。


その他の集合住宅

写真をクリックすると詳細が表示されます。