栗原正明建築設計室 公共建築 作品集

横浜市水道局鶴見・神奈川地域サービスセンタ-
Yokohama waterworks bureau Tsurumi Knanagawa customer service center building

※マウスカーソルを画像の上に持って来ると一時停止します。

↑クリックで拡大

竣工 2014年2月
所在地 横浜市鶴見区
構造 鉄骨造
階数 地上2階
敷地面積 1475.37㎡(446.40坪)
建築面積 248.50㎡( 75.18坪)
延床面積 281.25㎡( 85.09坪)
最高高さ 9.000m
協力 KAP 桐野康則(構造)、電研設備設計(電気設備)、
フジ設備設計事務所(空調衛生設備)、小林勇蔵(撮影)
施工 小雀建設(建築)、東邦電設(電気設備)、
三誠ジューキ(空調設備)、今野設備(衛生設備)

設計上の工夫

横浜市鶴見区の市街地に建つ水道局の建物で、既存の施設に別棟で増築をしたものです。
外観は直方体を組み合わせた単純で力強いものとし、玄関の前に大きな庇を設けて、公共建築の出入口としての構えを作っています。
1階には来客に対応する窓口と職員が働く事務室、2階には自家発電機室と倉庫、屋上が有ります。
事務室の天井高さを周囲で3.45m、中央で2.70mと高めに取り、開口部を建物の4周に連続して設けて、開放的で伸びやかな空間としています。
屋上では鉄筋コンクリートのスラブに躯体防水を採用し、勾配を緩くして、多目的に利用できるようにしています。


その他の公共建築

写真をクリックすると詳細が表示されます。